学ぶ 貯める

25歳で貯金なしの女はヤバい?同年代の実態とお金が貯まる方法を解説

※アフィリエイト広告を利用しています

マネー犬

25歳で貯金なしの女ってそんなにヤバいの?

解釈はひとそれぞれだと思うけどね!ちょっと詳しく見ていこうか!

マネー猫

25歳でそれなりに給料もあるのに、貯金がない…。


25歳という現実的な年齢になり、「貯金なしの女はヤバいのか?」と危機感を抱いていませんか?

そもそも、同年代がいくらぐらい貯金しているのか、気になるところだと思います。


そこでこの記事では、同年代のお金事情について紹介していきます。

記事の後半ではお金が貯まらない原因と対処法を紹介するので、最後まで読むとお金の貯め方が分かりますよ。

この記事の信頼性

25歳で貯金なしの女はどれくらい?

25歳で貯金なしの女がいるのかは気になるところですよね。

CanCam公式25歳の女性に行ったアンケートでは、貯金額が0~50万円と答えた人の割合は27%でした。

約4人に1人は貯金が50万円以下ということになりますが、思ったより多いなという印象です。

女性はコスメや美容代など、男性と比べてお金がかかりますよね。


また、社会人になると同僚とランチに行ったり、休日は友達とカフェでお茶したりと付き合いでの出費も増えて来ます。


20代前半は収入が低いにも関わらず出費も多くなるので、お金の貯まりもイマイチのようです。


それでも、しっかりと対策をすれば新卒・社会人1年目でも貯金100万くらいは目指せると思います。

>>新卒1年目で貯金100万円貯める方法

20代の同年代の貯金や年収は?

25歳の女に絞ってお話ししましたが、同世代の男女はどのくらい貯金や収入があるのでしょうか。

同世代の男女の貯金や収入を調べたところ、次のような結果になりました。


【20代の貯金額】

平均151万円

出典:家計の金融行動に関する世論調査[総世帯]令和5年調査結果


【25~29歳の給与額】

平均389万円

出典民間給与実態統計調査結果


20代後半まで幅を広げて見てみると、しっかり貯金できているのが分かります。

20代後半から30代前半にかけては、結婚や出産など、人生のイベントが目白押し。

今後の人生を意識して貯金を始める方は非常に多いです。


たしかに私も、20代前半は給料をまるまる使い切るような生活をしていましたが、結婚適齢期で焦りを感じて25歳から貯金を始めました。


将来が不安な人は、早めに貯金を始めないと、いざ結婚や出産でお金が必要なときに後悔することになります。


でも、今まで貯金をしていなかった人からすると、何から始めたらよいか悩みますよね。


そこでおすすめしたいのが、同世代のお金の使い方を知る方法。

実はオカネコというアプリを使うと、無料で家計状況を診断できます。


しかも、この診断では、同じ年齢の人と比べて、自分がどれだけお金を使っているのか教えてくれるのです。


あなたにお金がない原因は家賃なのか、洋服代なのか、食費なのか…。


それが分からない限り、何を節約しないといけないのか把握できませんよね。

オカネコなら、同年齢の人との比較ができるので、自分の家計状況のどこに原因があるのか教えてくれます。

無料で3分あれば診断できるので、家計の見直しにぜひ使ってみてください。

私の貯金は多い?少ない?
お金の健康診断を無料で今スグやる


貯金がない、お金が貯まらない原因と対策

私も20代前半まではお金が貯められない人間でした。

そこで、昔の私が貯金なしだった原因とお金を貯めるためにやった対策をお伝えします。

貯金なしの原因と対策

  1. 支出を把握していない→家計簿をつける
  2. モチベーションがない→目標を決める
  3. あると使ってしまう→先取り貯金をする

まずは一か月の間にいくら使っているのか把握しましょう。

収支を把握すれば、無意識でやっている意外なお金の使い方に気が付けます


私は外食が多いから食費がかさむのだと思っていましたが、家計簿をつけると、外食よりもコンビニに行く頻度が高いことに気が付きました。

家計簿をつけることで、思わぬ浪費に気が付けますよ。


そして、貯金を続けていくにはモチベーションが必要です。

ゴールが見えないと挫折するのも当然なので、具体的な目標を立てましょう。


ちなみに目標は何でもオッケー。

  • 結婚に備えて200万貯めよう!
  • 海外旅行に行きたいから50万円貯めよう!


…といったように、お金の使いみちを想像すると、モチベーションを維持しやすくなります。

>>ゴールを決める!ライフプランを作成する5つの手順


そして最後に、先取り貯金をしてお金を確保しておきましょう。

毎月給料が入る安心感から、すべて使い切る人も多いはずです。


しかし、世の中は不景気。いつリストラされてもおかしくありません。

いざというときのためにも、給料の3か月分は貯金しておきたいところです。

>>最低給与3カ月分の生活防衛資金を貯める3つの理由


給料日前に財布がスッカラカンになる人は、いざというときに備え、給料が入ったらいくらか別口座に移しておきましょう。

まとめ

では、まとめです。

25歳で貯金なしの女は、約4人に1人いるのが分かりました。

しかし、幅を広げて同世代で見ると、貯金額の平均は151万円。

20代が終わりに近づくにつれて、結婚や出産を意識して、貯金を頑張る人が増えています。


今、本当にお金のない人も心配ご無用。

25歳から貯金を始めるのが遅いなんてことはありません。


お金を自分のために使える今だからこそ、しっかり対処すれば必ずお金は貯まります。

貯金なしの原因と対策

  1. 支出を把握していない→家計簿をつける
  2. モチベーションがない→目標を決める
  3. あると使ってしまう→先取り貯金をする

また、何の支出について節約すべきか迷ったら、同世代のお金の使いみちを知るのも効果的です。


同世代のお金の事情が分かるアプリ「オカネコ」を使えば、それが一目で分かりますよ。

たったの3分で家計について無料診断できるので、ぜひ利用してみてください。

私の貯金は多い?少ない?
お金の健康診断を無料で今スグやる

同年代のお金の事情といえばコチラもオススメです↓↓↓↓

>>結婚式のご祝儀が2万円の人の心理は??マナー違反ではない理由



-学ぶ, 貯める
-